アプリ開発のいろは
2018年4月3日

時代の変化に合わせた店舗集客アプリ

店舗を経営するオーナーにとって頭の痛い問題は集客です。

飲食、物販に関わらず、まずはお客さんに来てもらわないことには商売になりません。これまでの販促ツールといえば、チラシを刷って新聞の折込に入れたり、駅前など人の多いところでチラシを配布したりと実際に目に見えてどのくらいの人に見てもらい、効果があるのかが分かりにくいツールが主体でした。

しかし、今は時代が変わり、店舗集客のアプリで行える時代になっています。チラシの配布を行うには当然人手が必要になってきます。しかし、今日本は深刻な人手不足に悩んでいるため、どの店舗もアルバイトを雇用するにも苦労しています。時給も右肩上がりのため、費用対効果が見えにくいものに大きな支出を割くことも難しいでしょう。

そこで、今や急速に普及しているアプリを使うことで、集客をしたり、割引クーポンを顧客に配布することが出来るサービスが広がりつつあります。ガラケーと言われる旧モデルの携帯電話からスマートフォンへの切り替えは若い方のみならず、60代以上の方にも広がっています。

スマートフォンを持っている方へのアプローチとしてはアプリの活用は有効な手段と言えます。特に若い世代にターゲットを絞っている店舗オーナーの方は導入を検討する余地があるでしょう。

アプリの場合、チラシなどと異なり細かいデータ分析もアプリのサービス提供会社によっては可能になってきます。店舗の運営方針を決める分析ツールの一つにもなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *