アプリ開発のいろは
2018年4月12日

店舗の集客にアプリを導入する企業が増えています

店舗への集客を行う手段にスマートフォンのアプリを活用する企業が増えています。

店舗への顧客誘導にスマートフォンのアプリを活用することで自店への囲い込みを実現することが可能となります。ネットに自店の広告を掲載していくのと同時にアプリを配置しておけば、自店に興味を持ったお客様にいつでも割引情報等を配信出来るようにもなります。

店舗への集客も大切ですがリピーターを増やすことが店舗の売上向上と安定した経営を実現するためには大切です。集客の手段を講じ多くの売上を計上していく手段を検討される店舗経営者の方はアプリの導入を検討するのをおすすめします。

アプリを用いた集客を導入していくことで日常的にサービス情報を配信していくことが出来るようになるのは勿論のこと会員証の代わりにも活用が可能ともなっていきます。入店時に提示をすることでキャンペーン割引を受けていくことが出来るような付加価値を提供していけばお客様のリピート率も高めることが可能となり安定した売上を計上出来るようにもなります。

POSレジと連携を行いレシートの代わりにしていくことで来店をするお客様も喜ぶのと同時に店側の手間も大幅に削減が出来るようにもなります。GPS機能等の活用でお客様の店への誘導をスムーズに行うことも可能となり店への来店を即していくことも実現出来ます。

スマートフォンに自店のソフトをインストールすることで自然な囲い込みが出来る点が魅力です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *