アプリ開発のいろは
2018年5月3日

パーソナライズの活用

さまざまなwebマーケティングは、パーソナライズから始まります。

特に分類をしないで行うことも可能ですが、それでは目的を果たすことができず、効率が悪い場合がほとんどです。せっかく実施するなら結果にこだわることが重要です。そのためには顧客のことを知る必要があります。パーソナライズはおすすめを用意するための手段です。そのひとにあった情報を提供して興味を持つ割合を高めます。提供した情報がどれだけ結果が得られたかを分析することで、より精度の高い分類が可能となります。

それがセグメントとして確立することで、どのようなものならどのセグメントに受けるのかがわかるようになります。パーソナライズをすると顧客の行動パターンが出来上がってきます。その行動パターンに合わせてプッシュ通知をすると情報提供の有効率が高くなります。確実に見てもらえる広告は、マーケティングの理想です。なかなかそのような状態にはなるまでには時間がかかりますが、一度構築した条件は、その後のマーケティングにも生かすことができます。

パーソナライズは、趣味嗜好を理解するために行われるもので、すなわちニーズを知ることです。ニーズの高い商品を開発すれば売り上げを上げることができます。より人数の多いグループに向けたものを販売することで長期的に収益を上げることができるようになります。そのためにはしっかりとしたパーソナライズを行うことが大変重要になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *