アプリ開発のいろは
2018年5月6日

パーソナライズの重要性

個人個人に趣味、嗜好合わせた広告を行うことをパーソナライズと言います。

例えば、一度購入したものに関連した商品を紹介するようなサービスです。全く無関係な広告よりも効果が高くなることが期待できます。このようなサービスが気軽に実現できるのはインターネットを利用できるからと言えます。実店舗の場合、何度か通っているうちに好みを理解しておすすめを提供してもらえることがあります。常連になった証として嬉しく思い、さらに頻繁に利用するようになります。

これがパーソナライズの原点です。そのようなサービスをweb上では自動で行うことが可能です。正確な分類よりも、あまりコストをかけないことが条件になります。ユーザーの行動を閲覧履歴や購買履歴から分類化していきます。その行動に関連している商品を絞り込みでいきます。この結果をブラウザに広告として表示する流れです。商品の分類をしておけば関連付けは自動で行うことが可能です。

webでは何度も通う必要がなく、閲覧が1回だとしても関連性があるものを紹介することが可能です。パーソナライズはきっかけとしての位置付けが高く、無作為に広告するのではなく少しでも意味のある広告をするために使われます。その確度はあまり高くないにしても、何らかの関連性が高いものを選ぶ根拠にすることが重要です。できるだけ簡素化したプロセスで繰り返し行うことがコストパフォーマンスの高いマーケティングにつながります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *