アプリ開発のいろは
2018年5月21日

マーケティングオートメーションが採用されている理由

従来扱っていたデータ量よりもさらに膨大な量のデータを収集、分析し活動に役立てていくといったビッグデータ活用がビジネス界では大きな注目テーマとなっています。

企業が実際にそれらのデータを活用し実践されてきている方法としてマーケティングオートメーションが広まってきています。マーケティングオートメーションが必要とされる背景には、従来型の直接相手に会って商談するという慣習が減少してきていることがあげられます。直接対面することで得られる情報というものも貴重であることは間違いありませんが、まだ契約も全く見えていない段階でわざわざ時間をかけて直接会うという行為は現代の忙しさの中では通用しにくくなってきているのです。この段階であればメールでやり取りしてくれれば充分と顧客の側が思っているという局面が増えてきたということです。

ということであればネットやメールアドレスからいかに潜在顧客を見つけ出すかの勝負になってくるのですが、ここでマーケティングオートメーションによって自動化することで飛躍的に効率をあげることができるということなのです。企業の規模が大きくなればそれだけ顧客への個人対応というものは難しくなってきます。そして企業の情報発信も顧客層の幅を広げていかざる得なくなってきてしまいます。それは物理的、時間的な制約から仕方のないことなのですが、この個々の対応の部分を自動化してしまうところがマーケティングオートメーションの大きな長所なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *