アプリ開発のいろは
2018年5月24日

人材不足にマーケティングオートメーション

いくら良い商品を作っても何もせずに売り上げを上げることはできません。

どのような商品なのか紹介する必要がありますし、どこで購入できるのかも知ってもらう必要があります。そのためにはマーケティングは欠かすことのできない活動になります。でも、十分な人材を確保することが難しいとこがあります。そんな時はマーケティングオートメーションを活用すべきです。商品の紹介をどのように行うかはパーソナライズから始まります。どのような顧客が商品を欲しているのかを分析して、それにあった広告や販売戦略を構築します。

マーケティングオートメーションを活用するとwebでの閲覧結果や閲覧時間を集計して、重み付けを行い、セグメントに分けるまでをほぼ自動で行うことができます。このプロセスは時間のかかる地味な作業なので経験の浅い人材でも可能です。人材不足で他にすべきことがあるのに時間を取られてしまうことがあります。マーケティングオートメーションが実現するのは、自動化ではなく時間の有効活用です。

担当者の力量が必要な部分に集中的にリソースを集中することで、完成度の高いマーケティングを実現します。そのために自動化できる部分を代わりに行うと言うものです。勝手にマーケティングの資料ができるわけでも、その部門が入らなくなるわけでもありません。リソースの有効活用をすることで効率の良いマーケティングを行って購買率を高めるために使われるツールです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *